ブヨの災い十の災い・十災禍

 トップページ旧約の時代 → 十の災い → ブヨの災い
こちらの記事は「前の記事からの続き」です
 

ブヨの災い

第3の災い「ブヨの災い」

ファラオが、モーセたちの要求(=苦役から解放し、エジプトから去らせること)を聞き入れないため、神は第3の災いをエジプトに下します。

アロンが杖で土を打つと、チリがブヨに化け、ブヨの大群は、エジプト全土を襲いました。そして、ブヨは人や家畜を刺しまくりました。

※聖書では「ブヨ」と訳されている場合が多いようですが、「ブヨ」の原語が何を示しているのか不明です。そのため「しらみ」「蚊」「蚤(ノミ)」など、聖書により訳され方がさまざまです。共通するのは、小さくて、人や動物を刺す虫のようです。

これに対抗して、王室の魔術師もブヨを出そうとしましたが、ブヨは出ませんでした。そして、王室の魔術師らはファラオに「これは神の指の働きです」と言いました。しかし、ファラオの心はかたくなになって、今回もモーセやアロンの要求を聞き入れませんでした。

主はモーセに言われた。「アロンに言いなさい。『杖を差し伸べて土の塵を打ち、ぶよにさせてエジプト全土に及ぼせ』と。」彼らは言われたとおりにし、アロンが杖を持った手を差し伸べ土の塵を打つと、土の塵はすべてぶよとなり、エジプト全土に広がって人と家畜を襲った。魔術師も秘術を用いて同じようにぶよを出そうとしたが、できなかった。ぶよが人と家畜を襲ったので、魔術師はファラオに、「これは神の指の働きでございます」と言ったが、ファラオの心はかたくなになり、彼らの言うことを聞かなかった。主が仰せになったとおりである。

旧約聖書/出エジプト記8章12節~15節
©日本聖書協会/旧約聖書 新共同訳

※古代エジプトでは、大地は「ゲブ」という神の一つでした。その大地からブヨを出して、人々や家畜にに付かせたことは、イスラエルの神の魔術師らに対する裁きといわれています。
魔術師は極端にきれい好きで、自らの肉体を清潔に保つことに専心していました。頭から足のつま先まで体毛と呼ばれるものはすべて剃り、頻繁に体を洗い、そしてきれいな亜麻布の服を着ていました。肌の清潔に健康に保つことがそのまま宗教になっていたのです。イスラエルの神は、ブヨを体に付かせ、魔術師らによる宗教の儀式をできなくさせたといわれています。
参考・引用:明石清正氏「ロゴス・ミニストリー」


〔参考・引用〕
日本聖書教会「旧約聖書(新共同訳/口語訳)」/新日本聖書刊行会「新改訳聖書第三版」/明石清正氏「ロゴス・ミニストリー」