絶対君主制/絶対王政

絶対君主制/絶対王政  ぜったいくんしゅせい/ぜったいおうせい君主が絶対的権力をもって支配する専制的政治形態


絶対君主制(絶対王政)とは、君主(国王)が絶対的権力をもって支配する専制的(※1)な政治形態のこと。16~18世紀のヨーロッパで、封建国家が解体し、近代国家(※2)が誕生する過渡期に見られました。

※1:専制政治…支配者が独断で思うとおりに事を決める政治のこと。

※2:近代国家…封建国家や絶対主義国家の崩壊後に、市民革命によって成立した国家。自由・平等、基本的人権の保障、議会政治、法治主義による中央集権制などの特徴を持ちます。

絶対君主制では、君主(国王)の権力は教会や諸侯からでなく、神から直接に授けられたという「王権神授説」により支えられていました。君主は神に代わって政治を行うとみなされていたため、無制限の権力が認められていました。