サン・ピエトロ大聖堂

サン・ピエトロ大聖堂  さんぴえとろだいせいどうキリスト教会の中で世界最大の教会


サン・ピエトロ大聖堂は、キリスト教を公認(313年/ミラノ勅令)したローマ皇帝コンスタンティヌス1世により4世紀に建設されました。キリスト教の教会建築としては世界最大級の大きさを誇っています。現在の聖堂は2代目にあたり、1626年に完成したものです。

サンピエトロ大聖堂は、バチカン市国にあるローマ時代のルネッサンス様式の教会です。大聖堂の高い祭壇の真下に初代教皇聖ペテロの墓があるといわれています。ローマ皇帝コンスタンティヌス大帝の時代(4世紀)からこの場所に教会があり、現在の大聖堂は、そのオールドサンピエトロ大聖堂に代わるものです。建設は、1506年4月18日に始まり、1626年11月18日に完成しました。


〔参考・引用〕
wikipedia