鶏鳴教会

鶏鳴教会  けいめいきょうかいイエスを裁いた大祭司の家


ペトロが三度否認した現場に建てられた教会で、エルサレムの南東部シオンの丘にあります。教会内の地下には、ユダの裏切りによって捕らえられたイエスが最後の晩を過ごした牢獄が現存します。ここから総督ピラトの官邸に連れて行かれ、裁きを受けたといわれています。

イエスの逮捕

イエスが、オリーブ山の中腹にあるゲッセマネの園での祈りの後、山の麓に目を向けると、松明をもった人々の一団が近づいてきました。彼らは、ユダヤ人の最高議会を代表する祭司長と長老たち、神殿の警備にあたる守衛長と兵士、ローマ兵たちです。

物々しい武装集団がイエスたちの近くに到着すると、その中から十二弟子のひとり、イスカリオテのユダが出てきて、まっすぐにイエスに歩み寄っていきます。ユダはイエスに挨拶をして、接吻をすると、それを合図に剣や棒をもった兵士たちが騒がしく動き始め、イエスと弟子たちを取り囲みました。

イエスは「誰を捜しているのか」と問いかけます。彼らは猛々しく「ナザレのイエスだ」と答えます。するとイエスは彼らに向かって「わたしである」と答えます。兵士たちはイエスがあまりに堂々としているので圧倒されてしまいます。するとイエスは「『わたしである』と言ったではないか。わたしを捜しているというなら、この人々は去らせなさい」といい、イエスは弟子たちを守ろうとしました。そして「今はあなたたちの時だ」と、イエスが言うと兵士たちは動き始め、イエスに縄をかけ、捕らえました。この後、イエスを連れて行ったのが、大祭司の家、今の鶏鳴教会です。

ペテロの三度の否認 -「新約聖書」より

イエスは言われた「よくあなたに言っておく。今夜、鶏が鳴く前に、あなたは三度わたしを知らないというだろう」。ペテロは言った、「たといあなたと一緒に死なねばならなくなっても、あなたを知らないなどとは、決して申しません」。弟子たちもみな同じように言った。

~中略:イエスが逮捕され、大祭司の家(現在の鶏鳴教会)に連れて行かれる~

ペテロは中庭に座っていた。すると女中が彼のところにきて、「あなたもあのガリラヤのイエスと一緒だった」と言った。するとペテロは、みんなの前でそれを打ち消して言った、「あなたは何を言っているのか、わからない」。そう言って入口の方に出て行くと、ほかの女中が彼を見て、そこにいる人々にむかって、「この人はナザレ人イエスと一緒だった」と言った。そこで彼は再びそれを打ち消して、「そんな人は知らない」と誓って言った。しばらくして、そこに立っていた人々が近寄ってきて、ペテロに言った、「確かにあなたも彼らの仲間だ。言葉づかいであなたのことがわかる」。彼は「その人のことは何も知らない」と言って、激しく誓いはじめた。するとすぐ鶏が鳴いた。ペテロは「鶏が鳴く前に、三度わたしを知らないと言うであろう」と言われたイエスの言葉を思い出し、外に出て激しく泣いた。

旧約聖書「マタイによる福音書(26章)」より

鶏鳴教会を見学