暗闇の災い十の災い・十災禍

 トップページ旧約の時代 → 十の災い → 暗闇の災い
こちらの記事は「前の記事からの続き」です
 

暗闇の災い

第9の災い「暗闇の災い」

第9の災いは、暗闇の災いです。モーセが手を天に向かって差し伸べると、エジプトの空はどんどん暗くなっていきます。エジプトは三日間、墨を流したような暗やみにおおわれてしまったのです。目が暗さになれても、なお何も見えない状態。数センチ先も見えない状態です。しかし、一部分だけ光が残っている場所がありました。それは、イスラエル人が住んでいるゴシェンの地でした。

A Praga da Escuridão/暗闇の災い Gustave Doré (1832-1883)

A Praga da Escuridão/暗闇の災い Gustave Doré (1832-1883)

エジプトの王ファラオはモーセを呼びつけました。そして、荒野で妻子を連れて行き、犠牲の儀式をやってもいいが、羊と牛の群れは置いて行くように命令しました。しかし、モーセは家畜も連れて行かねばならないと主張し、ファラオの言うことを承知しませんでした。

するとファラオはかたくなになり「おまえの顔など二度と見たくもない。今度姿を現わしたら死刑だ。」とモーセをどなりつけました。モーセは「私も二度とお目にはかかりたいとは思いません。」と答えました。「売り言葉に買い言葉」になってしまったようです。

主はモーセに言われた。「手を天に向かって差し伸べ、エジプトの地に闇を臨ませ、人がそれを手に感じるほどにしなさい。」モーセが手を天に向かって差し伸べると、三日間エジプト全土に暗闇が臨んだ。人々は、三日間、互いに見ることも、自分のいる場所から立ち上がることもできなかったが、イスラエルの人々が住んでいる所にはどこでも光があった。
ファラオがモーセを呼び寄せて、「行って、主に仕えるがよい。ただし、羊と牛は残しておけ。妻子は連れて行ってもよい」と言うと、モーセは答えた。「いいえ。あなた御自身からも、いけにえと焼き尽くす献げ物をいただいて、我々の神、主にささげたいと思っています。我々の家畜も連れて行き、ひづめ一つ残さないでしょう。我々の神、主に仕えるためにその中から選ばねばなりません。そこに着くまでは、我々自身どれをもって主に仕えるべきか、分からないのですから。」
しかし、主がまたファラオの心をかたくなにされたので、ファラオは彼らを去らせようとはしなかった。
ファラオが、「引き下がれ。二度とわたしの前に姿を見せないよう気をつけよ。今度会ったら、生かしてはおかない」と言うと、モーセは答えた。「よくぞ仰せになりました。二度とお会いしようとは思いません。」

旧約聖書/出エジプト記10章21節~29節
©日本聖書協会/旧約聖書 新共同訳

※暗闇の災いで、イスラエルの神が、エジプトの太陽の神「ラー」を打ったとされています。



〔参考・引用〕
日本聖書教会「旧約聖書(新共同訳/口語訳)」/新日本聖書刊行会「新改訳聖書第三版」